4月11日(日)20:00〜saya×ディジュリドゥ×尺八ライブ配信へご招待!

days
hours
minutes
seconds
00
00
00
00
days
hours
minutes
seconds

家の中を見回すと、テレビ、冷蔵庫、洗濯機、自動炊飯器、ステレオが揃った〝モダン〟な風景。
集会所では同じ小学校の同じ年頃の子供が集まる音楽サークルが開かれ、そのあいだ和室では母親
たちが生花の稽古中。
夏には近所で納涼盆踊り大会が開かれ、出店を友達と練り歩く。
集会やレクリエーションを通じた横の人間関係があった時代…

今回のsayaの配信生ライブのテーマは「郷愁」です。
なぜこのテーマにしようと考えたのか?

故郷喪失者となった現代人

和服を失い、畳・障子・襖の生活を失い、フローリングのマンションに暮らし…
商店街ではなく、ショッピングセンターで買い物をし…
伝統的な祝祭日の感覚(季節)を失い…
私たちは、戦後の国語改革によって歴史的仮名遣い(過去との紐帯)まで失ってしまいました…
常識を教えてくれる近所の爺さん婆さんがいなくなってしまったいま、私たちはまるで糸の切れた
凧のように、時代の風に流されながら誰でもない毎日を送っているというわけです…
「都会に生きる現代日本人」において、「過去と交わるよすが」は全く奪われてしまっているか
のように見えます。

音楽に残る伝統的なこころ

かつて日本には、日常や人との関わりひとつひとつを大切にしていた時代がありました。
不便なことは多いし、面倒なことも多いけど、人間の繋がりを肌身で感じられる場所が
ありました。
きっとあなたが子供の頃にはそのような匂いが残っていたのではないでしょうか?
そんな人々の素朴で温かな暮らしや生き方は、形こそ失われていても、音楽には残っています。

今回のライブでは、日本固有の楽器である尺八と、オーストラリア大陸の先住民アボリジニの
民族楽器ディジュリドゥのアレンジをお届けします。


▪︎尺八奏者は松居 和さん。
ジョージ・ルーカス制作の「ウィロー」や、スピルバーグ監督の「太陽の帝国」をはじめ「マスク・オブ・ゾロ」「ジュマンジ」「クロウ」「レジェンド・オブ・フォール」「果てしなき想い」「ウイロー」「太陽の帝国」「48時間 Part2 」「レッドブル」「コマンド」「将軍」など、多数のアメリカ映画に参加した経験をお持ちの世界的トップ奏者です。

▪︎ディジュリドゥ奏者はKnobさん。
Knobさんも龍村仁監督の2007年公開のドキュメンタリー映画『地球交響曲第六番』に出演するなど、トップレベルの奏者である一方で、熊野本宮大社、平等院、鶴岡八幡宮、中尊寺、金峯山寺などで、着物に袴姿でディジュリドゥで般若心経や祝詞を奏上し祈るという日本人としての独自の演奏スタイルを確立した先駆者です。

▪︎パーカッション奏者は菅原裕紀さん
スタジオ界ファーストコールパーカッショニストとして国内外アーティストのレコーディングやライブで活躍。カルロスサンタナ、スティービーワンダーをはじめ高中正義、井上陽水、吉田拓郎、さだまさし、浜田省吾、川井郁子、yoshimi天童、椎名林檎
など、殆んどの国内歌手、アーティストのレコーディングに参加している。

日曜夜の晩酌の時間の贅沢なおつまみにライブはいかがでしょうか?

4月11日(日)開催

saya 4月ライブ配信の詳細

日時:4月11日(日)20:00〜配信開始(約80分間)


視聴方法:vimeoの限定視聴リンクをお送りします。


アーカイブ視聴は14日間限定:できるだけリアルタイムにその場の息遣いを楽しんでいただきたいので、アーカイブは14日間限定とさせていただきます。

メンバー紹介

saya(vo.)

バルセロナオリンピック開会式の『アメージンググレイス』の多大な影響で音楽の道を歩む事を

決意。青山学院女子短大英文科を卒業後、東京/横浜を中心にライブ活動を開始する。その後は

 FMYokohamaにて自身のレギュラー番組『ファンタジア~聴けるリゾート&スパ』でDJを2年間

務めたり、英国国民的テノール歌手ラッセル・ワトソンの来日公演(NHKホール)へのゲスト出

演、因幡晃氏のアルバムに楽曲を提供するなど多岐な音楽活動のほか、チャンネル桜をはじめ数

々の言論人のネット番組に数多く出演し好評を博す。今年5月より始めたYoutube 「チャンネル

saya」ではJ-popのカバーにチャレンジ。多数の応援をいただくこととなった。

情感豊かなフレージングとジャンルを越えた癒しの歌声で、多くの人々を励まし魅了し続ける新

しいタイプの2刀流音楽家である。

KNOB (ディジュリドゥ、岩笛、祝詞)

1983年マイケル・ジャクソンに影響を受け13歳の時に ジャニーズ事務所 へ。

1985年 より「 少年忍者 」、 1988年 には 萩本欽一 プロデュースで「 CHA-CHA 」としてレコードデビューした。その間多くのテレビの音楽番組、バラエティ番組で活動し人気を博した。

1992年のCHA-CHA活動終了後に「NOBU」名義でソロCDデビュー。

25歳時に オーストラリア に渡り、 アボリジニ の民族楽器・ ディジュリドゥ に触れ感銘を受ける。現地で演奏法を学び、日本に帰国した後もトレーニングを積む。その後天然空洞木無孔笛流初代を名乗り、芸名を「KNOB」と改める。ちなみにKNOBという名の由来は、「DoorをKnockする、自分自身の新たな扉を開ける」という意味から。 龍村仁監督の2007年公開のドキュメンタリー映画『地球交響曲第六番』虚空の音の章に出演。 

現在は北鎌倉・雪堂美術館を拠点に全国各地で演奏活動を行う一方、熊野本宮大社、平等院、鶴岡八幡宮、中尊寺、金峯山寺、比叡山延暦寺・根本中堂、天河大辨戝天社、諏訪大社、鞍馬寺ほか 全国の神社・仏閣で奉納演奏の活動も行っている。着物に袴姿でディジュリドゥで般若心経や祝詞を奏上し祈るという日本人としての独自の演奏スタイルを確立し、 自ら茶の点前も行い 茶会と演奏という会も開いている。2013年よりピアニスト塩入俊哉、尺八奏者松居和らとInfinity Arts Mugen(IAM) を結成し活動を開始する。

松居 和(尺八)

1954年、東京生まれ。慶応大学哲学科からカリフォルニア州立大学(UCLA)民族芸術科に編

入エスニック・アートを研究する。卒業後は尺八奏者としてジョージ・ルーカス制作の「ウィロ

ー」、スピルバーグ監督の「太陽の帝国」をはじめ「マスク・オブ・ゾロ」「ジュマンジ」「ク

ロウ」「レジェンド・オブ・フォール」「果てしなき想い」「ウイロー」「太陽の帝国」「48時

間 Part2 」「レッドブル」「コマンド」「将軍」など多数のアメリカ映画に参加。更にライ・ク

ーダーやジョニ・ミッチェルらと共演、オリエンタルなフュージョン・ミュージシャンとして活

躍。カズ・マツイ・プロジェクト名義でラリー・カールトンらとともに初リーダー作『TIME NO

LONGER』を発表。尺八によるニューエイジ・ミュージックが話題を呼んだ。

2006年から2010年まで埼玉県教育委員会委員を務める。(2009年から2010年まで

委員長)。2008年、制作、監督したドキュメンタリー映画「シスター・チャンドラとシャクテ

ィの踊り手たち」が第41回ワールドフェスト・ヒューストン国際映画祭、長編ドキュメンタリ

ー部門で金賞受賞。イングランド国際映画祭、南アフリカ国際映画祭招待作品となる。

菅原裕紀(パーカッション)

北海道函館生まれ。青森、秋田、山形(山寺)宮城などの海と山の自然の中で育ち歩き、それが今の音楽に大きく影響している。スタジオ界ファーストコールパーカッショニストとして国内外アーティストのレコーディングやライブで活躍。カルロスサンタナ、スティービーワンダーをはじめ高中正義、井上陽水、吉田拓郎、さだまさし、浜田省吾、川井郁子、yoshimi天童、椎名林檎など、殆んどの国内歌手、アーティストのレコーディングに参加している。コンサートにもサポートミュージシャンとして積極的に加わり、新しい風を吹き込む、常に現在進行形のミュージシャンである。2020/11よりIAMにも参加する。
小学生の頃、人と言う漢字の意味に感動。中学生の頃、音楽と言う字の意味に感心音を聴くのも演奏するのも楽しくてたまらない、感謝〜菅原裕紀

塩入俊哉 (piano)

国立音楽大学大学院修了後、世界的なオーボエ奏者であった宮本文昭をはじめ、木村弓(sop)、米

良美一(vo)、川井郁子(vn)、古川展生(vc)、本田美奈子(sop)、稲垣潤一(vo)、西城秀樹(vo)、藤澤

ノリマサ(vo)、ラッセルワトソン(vo)、キャサリンジェンキンス(m.sop)、サラオレイン(sop/vn)な

ど様々なアーティストを担当。クオリティの高い音楽制作を通してその活動を支えている。その

間、作曲作品が文化庁芸術祭新人賞を受賞。Art on iceやメダリスト・オン・アイス2008〜2019

で音楽監督をつとめる他、俳優田村亮、紺野美沙子等との朗読コンサートなど、他ジャンルとの

交流も増えている。繊細で大胆な自身のピアニズムを基本として構築するアルバム作りやコンサ

ートの制作は他者には無い大きな特徴である。

前回の配信ライブに参加された方の声

※個人の感想です。

満足できなかったら、全額返金!

新型コロナウイルスの影響で音楽業界はこれまでのままだと生き残っていけないことが明らかになりました。でもなんとか音楽の文化を残していきたい…それにはチャレンジが必要です。


はっきり言って、インターネットを通したオンラインライブの試みはまだ発展途上です。そこで、もし4月11日(日)のライブを視聴したあとでも、、、

満足できなかったら、全額返金いたします!

もし満足できなければ、ライブ開催から7日以内に弊社にお問い合わせいただければ全額返金いたします。ですので、あなたに一切リスクはありません。安心してお申し込みください。


もちろん、あれこれと理由をつけてキャンセルを断ることもありません。


また、デジタル商品ですので返品の必要もございません。vimeoの限定視聴リンクはそのまま見られるようになっているので、返金後もご視聴いただけます。(14日間限定)

キャンペーン期間中の今なら特別価格でご案内!

4月11日の生ライブ配信の価格は3,800円(税別)(税込:4,180円)ですが、

今なら早期お申し込み価格の

3,000円(税別)(税込:3,300)

でご参加いただけます。

ライブに参加しても満足いただけなかった場合には、ライブから7日以内にキャンセルすれば全額返金しますので、あなたにリスクはありません。


今すぐこのページ下のボタンをクリックして、4月11日(日)の生ライブ配信に参加を完了してください。

掲載の情報・画像など、すべてのコンテンツの無断複写・転載を禁じます。

東京都港区港南2-16-1 品川イーストワンタワー9F FAX:06-6268-0851

Copyrightc2020株式会社経営科学出版.AllRightsReserved.

「経営科学出版」は、株式会社経営科学出版の登録商標です。